厚労省からの回答

議員の秘書さんが、厚労省に問い合わせてくださった、雑収入の国保減免の件、回答が来ました。
Q1.雑収入が対象外とする理由と関係する事務連絡についての呈示。
Q2.雑収入で確定申告しているフリーランスの方々についてコロナの影響で雑収入が減少したことも含めた減免申請が可能になる手立てはないのか。リンクに回答文書が載っています。
回答の※にある「財政支援」とは、ここでは保険料減免を実施した自治体に対する、国の補助措置は「ない」とのことと思います。とのこと。
また、保険料減免措置に関するお問い合わせが多数に上っていますので、別途、厚生労働省を呼んで対応を求めることを考えています。とのことでした。
質問のところちょっと略してますが、回答は、コロナの影響による雑収入の減少は可能であると読み取れると思います。
厚労省からこのような回答があったと自治体に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
雑収入の方ご検討ください。
尚、二枚目の回答は事業収入で還付を受けている方の問い合わせへの回答です。

中小企業庁の回答

与党議員秘書さんに問い合わせてもらっていた、被扶養者が要件外な理由と法人から個人成りの方がなぜ要件外なのかの回答文書が中小企業庁からきましたので掲載します。非常に納得のいかない回答です。多様な働き方や女性が輝く社会をと勧めておきながら、何も状況を把握せずに制度設計をした結果なのにこの回答です。引き続き要件緩和について求めてもらっています。