Team-JIZOQ

こちらは持続化給付金の対象外の区分を対象に求めるフリーランスの会(代表:廣瀬久美)と、持続化給付金を求める全国大家さん連盟(代表:久城一鷹)の合同サイトです。
持続化給付金の対象区分拡大、要件緩和を求める際の活動費のご支援をお願いするためにこのサイトを開きました。
私たちは、早期臨時国会の開催、GoToキャンペーン中止の署名なども立ち上げ活動いたしました
活動終了時に残った支援金はNPO法人全国子ども食堂支援団体「むすびえ」に寄付いたします。
活動報告書は「お知らせ」の最新情報に載せています。またこども食堂支援団体むすびえに寄付後の領収書も届き次第お知らせに載せます。
むすびえのホームページはこちらです。
https://musubie.org/



ご支援くださった皆様、本当にありがとうございました。

持続化給付金要件緩和について

閉会中の現在はなかなか要件を緩和するのに時間がかかります。私も引き続き働きかけますが、皆さんも地元選出の議員さんに連絡するなど、声を届けていただけるともっと大きな力になります。まずは署名の賛同、拡散からお願いいたします。

不動産所得の持続化給付金拡大について

家賃支援給付金の詳細が出ましたが、5月からの家賃補償となっており、今なお大家さんや民泊の方たちは困窮しています。同じような不動産所得の皆さん、ぜひ動いてください。動けない方、また不動産所得ではないけど区分ではじかれてしまった気持ちの分かる皆さん、是非署名の賛同、拡散にご協力ください。

GoToキャンペーン反対署名について

GoToキャンペーンは、「今」本当に行なうべきものでしょうか。東京都の感染者は200人/1日を超えています。沖縄の在日米軍基地では60人のクラスターが起こりました。九州の豪雨、また、これから起こりうる台風などの災害を考えると、その予算で救済する方が良いのではないでしょうか。是非ご賛同ください。

罰則ではなく補償を、早期臨時国会を求める署名について

西村大臣が罰則付きの休業要請を検討しているとのインタビューが8/2に載っていたため、十分な補償付きの休業要請と10月ではなく早期に臨時国会を求める署名を始めました。すでに第1弾は提出済みですが、いまだ賛同者の数は増え続け8/23現在5万8千人を超える方が補償と臨時国会を開くよう求めています。

お問い合わせについて

お問い合わせはいつでもどうぞ。
ただし、誹謗中傷は法的措置を取らせていただきます。